「自分がマイノリティ?」セクシュアリティを診断してみた結果

工藤のブログ, 工藤の恋愛学

こんにちは。工藤(@itllbedark)です。

突然ですが、みなさん自分のセクシュアリティについて、話せますか?そもそもセクシュアリティってなに?という人も多いのではないでしょうか。

そんな中、僕の尊敬する先輩である中西高大さん(@nakazeeee)が、自分のセクシュアリティを診断できるサービス『anone,』のβ版を公開していたので、実際試してみた診断結果を報告したいと思います!

2020年1月に、製品版が完成したとのことです!


こちら

セクシャリティとは

まず、セクシュアリティとはなんなのか?と思って調べてみると、ほとんどの辞書ではセクシュアリティとは人間の性に関するあり方・行動という意味が出てきました。最近になって、LGBTQ+というワードもよく見るようになりましたが、これもセクシュアリティの中の1つということですね。

「どの性を好きになるか」「どんな風に好きになるのか」「どんな性でありたいか」「どんな性的欲求があるのか」など、様々なテーマが存在するようです。

これそれぞれが十人十色で、「普通」や「当たり前」なんてないのですが、社会に蔓延するこの同調圧力が、いわゆるセクシュアルマイノリティの人たちを苦しめています。

そんな現状を変えるために中西さんは立ち上がったので、ぜひこの記事を読んでみてください。

『anone,』とは

そんな十人十色なセクシュアリティについて、誰もが違っていて、それが当たり前だということを、多くの人に知ってもらうために作られたのが『anone,』というサービスです。

なんとこのサービスでは、心理テストのように質問にポチポチ答えて行くと、自分の「こころの性」「恋愛的指向」「性的指向」「表現したい性」という4つのセクシュアリティについて、2,000通り以上ある組み合わせの中から、自分のセクシュアリティについて診断してもらえるのです。

早速サービスを使ってみた

さて、前置きはここまでにして、早速『anone,』を使っていきましょう。診断開始のボタンを押すと、次の画像のように簡単な質問が70個ほど出てきます。これを感覚的にポチポチと進めていきます。大体5分ほどで終わりました。

人がいるところだと答えにくい質問などもあるかもしれないので、一人でいるときにしてみるのがいいかもしれません。

気になる診断結果

では、気になる診断結果を発表します。

ダダン!

こころの性
『シスジェンダー』
体の性とこころの性が一致している

恋愛的指向
『ヘテロロマンティック』
異性に恋する
『デミロマンティック』
強い信頼関係で恋に落ちる

性的指向
『ヘテロセクシュアル』
異性に対して性的な欲求を抱く
『デミセクシュアル』強い信頼関係が愛になる

表現したい性
『Xジェンダー』
男性でも女性でもないアイデンティティ

という結果でした!!

「おー!それだ!」という納得度高いものもあれば、「なるほど、そうだったのか」という新しい自分を発見することもできました。

anone,で診断する

診断した感想

これまで、セクシュアリティについて深く考えたことがなかった工藤ですが、こうして診断してみると「本当にセクシュアリティは十人十色だ」と感じました。そして、深く考えたことがなかったのは、考える必要がなかったからだとも。

つまり、周りにいた大多数と同じだったというだけのことで、きっと今までセクシュアルマイノリティの人に、マジョリティ側からの圧力を無意識にかけたこともあったのだろうと反省もしました。

診断後にもらえるanone,からのメッセージ

この世界に同じ人間なんて一人もいない。みんな違うということを認識して、これからはセクシュアリティについても意識して生きたいと思うことができてよかったです。

僕たちは、まだまだ無意識的に「マジョリティ」を押し付けているのかもしれません。こんな風に考える機会をくださった『anone,』に、それを作った中西さん(@nakazeeee)たちに感謝です。

anone,で診断する

『anone,』の公式アカウントもチェックしてみてください。