工藤のブログ, 工藤の恋愛学

最近よく耳にするセクシュアルマイノリティという言葉はまだまだ他人事。しかし、診断すると自分も当事者なのかもしれません。