【炎上】【反省】炎上に対する反省点と今後の発信について

工藤のブログ

 

こんにちは。工藤(@itllbedark)です。

 

以前に投稿した記事が炎上してしまい、それについての反省点や今後の発信について色々と思うことがあったので、記事にまとめようと思います。

 

問題の炎上した記事

こちらが問題の記事です。

これは、工藤が最近アンチに応援されていることについて分析して書いた記事ですが、これが火種となってしまいました。

 

多くの方にツイッターのリプライやDM、ライン等で色々な意見や感想をくださりました。ありがとうございます。

 

炎上した理由

様々な方からの指摘を受け、今回炎上した理由を工藤なりにまとめて見ました。

 

理由は大きく2つです。

 

理由① 引用ツイート主について

1つ目の理由は、この記事に引用していたツイートの1つのアカウント主がTwitter上でハラスメント行為を行っていたということです。

 

あえてここではそのアカウントは公開しません。(記事上でもすぐにそのツイートは削除しました)

 

理由② 肯定的に引用したこと

もう1つの理由が、そのツイートを肯定的に引用したと捉えられてもおかしくない文章だったことです。

 

彼らに対する批判の記事ではなかったので、その言動に対して肯定的に捉えていないと示すために「口は悪い」という曖昧な表現を使ったことが大きな原因です。

 

 

反省点

これらを踏まえて、工藤が反省するべきことは、自分の記事に使用する引用文を精査しなかった点だと考えています。

 

引用するツイートのアカウントをフォローしておらず、エゴサーチによってヒットしたツイートを軽率にも引用してしまったため、そのアカウントによるハラスメント行為を確認することを怠ってしまいました。

 

それによって、応援してくださった方や、信頼してくださっていた方を傷つけてしまったことを後悔し、連絡が取れる方々には謝罪をしました。

 

この記事で、連絡を取れなかった方にも届けばと思います。

 

 

今後の発信について

この件で、自分の発信が多くの人に影響を与えるものだと改めて実感することができました。影響を与えるということは、喜んでもらうだけではなく、傷つけることにもなるということです。

もちろん、全ての人に考慮すれば発信そのものができなくなってしまうので、誰も不快にさせない発信をする、とは言えません。

 

しかし、自分の発信(意見の主張)の際に使用する引用や情報のソースを見極めなければならないといけないと強く感じました。

 

今後も、発信する立場であるという自覚を持って、多くの人がヴィーガンを実践できるよう、ヴィーガンを実践しやすい社会を実現するために、発信を含め自分にできることを精一杯行動に移していこうと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

質問やご意見等があれば、気軽にお伝えください。

    工藤のブログ