【休学してNPO法人設立】NPO法人日本ヴィーガンコミュニティを設立します。

NPO法人, 工藤のブログ, 意識高いやつ, 日本ヴィーガンコミュティ

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティ

こんにちは。久しぶりの投稿になりました。

工藤(@itllbedark)です。

今日は報告が2つあります。

1つ目は、、、、

休学します!!

もう1つが、、、

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティを設立します!

この記事では、日本ヴィーガンコミュニティについて、設立に至った経緯を紹介しようと思います。

文字よりも動画を好む人はこちらへどうぞ

ヴィーガンが実践しにくい負のループ

早速ですが、僕自身がヴィーガンとして二年弱生活しています。

この二年間でよく聞かれる質問は「何を食べてるん?」です。

本当にその通りで、僕も始めたばかりの頃は何を食べたらいいのかわからず、1ヶ月ほど水炊きを食べてました。水炊きの白菜をポン酢に付けて白ご飯を食べるという生活を1ヶ月。
(あれは本当にきつかった)

そして、友人や家族と外食を行く時にも困ります。飲食店に行くとほとんどのメニューに動物性の食材が使われています

そのせいで友人との距離が離れてしまったと、泣きながら話すヴィーガンの友人もいました。

このように、日本にはヴィーガンに対応した商品や飲食店が少なく、ヴィーガンやベジタリアンに対する認知度も低いです。

・ヴィーガンに対応した飲食店が少ない

・ヴィーガンに対応した商品が少ない

・ヴィーガンの認知度が低い

このような理由から、動物や環境、飢餓などのエシカルな理由でヴィーガンを実践する、他者を思いやる心を持つ優しい人たちが辛い思いをすることが多くあります。

では、どうしてヴィーガンに対応した飲食店や商品が少ないか?

それは、飲食店に訪れたり商品を買う人、つまりヴィーガンやベジタリアンが少ないからです。

ヴィーガンの認知度が低い理由は、ヴィーガンやベジタリアンを実践する人が少なく、情報に触れる機会が少ないから。

では、どうしてヴィーガンやベジタリアンを実践する人が少ないのか?

それは、現在の日本がヴィーガンを実践しやすい環境ではなく、ヴィーガンになるには高いハードルが存在するからです。

つまり、堂々巡りになっています。

 “Hello vegan!”な社会のため、日本ヴィーガンコミュニティを設立

堂々巡りとは言っても、少しずつ人口は増え、それに伴って飲食店や商品は増え、認知度も上がっていくことは確かです。

しかし、今この瞬間も伐採される森林、汚されていく土や海があります。

苦しむ動物や母国が海に沈みそうになる人、お腹を空かせて死んで行く人がいます。

そして、それを改善する為に自分ができる行動としてヴィーガンを選択し、そのせいで辛い思いや不便を感じている優しい人がいます。

1日でも早く、これらの問題が解決し、その為に行動する優しい人が幸せに暮らせる、”Hello Vegan! 社会を実現したい。

そのためには一人ではなく、 志を共にする仲間と共に力を合わせて活動していくことが必要です。

そうして、同じ方向に向かって協同することで、最大の影響力をもって、最速で “Hello Vegan!” な社会を創ることができると信じて、日本ヴィーガンコミュニティを設立することを決めました。

日本ヴィーガンコミュニティとは

日本ヴィーガンコミュニティは、協同組合モデルのヴィーガンを簡単に楽しく実践できる社会をメンバーと共創する組織です。

協同組合モデルとは、同じ課題を共有し、志を共にするメンバーが協同し、出資・運営・利用の全てをメンバーが行う組織の形のことです。

日本ヴィーガンコミュニティのMission(果たすべき使命)は『“Hello Vegan!”な社会の共創』です。

ヴィーガンを始めようと思えば、すぐに楽しく実践することが可能な環境を創ることで、優しい人が笑顔で暮らせるようになり、ヴィーガンやベジタリアンを実践する人の人口を増やすことができます。

そして、その先にある日本ヴィーガンコミュニティのVision(目指す将来像)である『World Peaceが実現されると信じています。

2018年の9月にNPO法人設立の申請を行い、順調に行けば来年の2月から法人として、更に活動の幅を広げることができます。

 メンバーを募集しています

この記事を読んで、少しでも興味を持ってくださった方や、メンバーになりたいと思ってくださった方はHPからご連絡ください。

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティ

では!!