【どんな行動よりも “思い” が大切】ラーメン屋のおっちゃんでも世界を平和にできる

工藤のブログ

こんにちは、工藤(@itllbedark)です。

 

今回は長文なので、時間あるときに読んでもらえたらと思います。

 

モラトリアムの中を生きる、大学生がぶち当たる問い

 

「なぜ生きているのか」

 

の、工藤の答えが見つかったから、シェアしようと思います。
(それだけの記事です 笑)

 

 

答えは簡単、世界を平和にする為に生きてます。

 

でも、その方法はなんでも良いってことに気が付きました。

 

行動や実績の大小は(未来や宇宙から見たら)、あまり関係ない。

 

むしろ、価値があるのは “平和への意志” です。

 

わかりやすく言うと、手段ではなく目的とか、WhatよりWhyって感じ。

 

 

だから、その意志を持っていれば、ラーメン屋のおっちゃんをやってても余裕で世界を平和にできるんですよね。
(しっかりとした根拠があります)

 

モラトリアムの中で悩んでいた工藤少年

今年の1月にライフプランをざっくり決めました。

 

「30歳までに結婚して、田舎暮らしする」

とかそれくらいざっくり笑

 

その中の1つに

20歳までに生きる意味を文言化する」

がありました。

 

どうやら、工藤少年は、自分の存在意義とか、将来への不安とかで悩んでいたようです。

 

 

工藤が何をしても、社会なんて大きくは変わらないと思っていたし、

大学入って色々な活動をしていたけど、このまま続けてて本当に理想の世界になるって感じられなかった。

 

それから二、三ヶ月で人と話しました。

偉人と呼ばれる人の本を読んだりしました。

 

で、なんだかんだ 生きてる意味 が(暫定)わかりました。

 

ついでに、世界を平和にする方法 もわかりました。

 

 

ずっと社会に大きな影響を与えることが、素晴らしいと思っていました。

“社会への良い影響量”という軸が大きかったです。

 

でも、そうじゃなかった。

 

社会への影響量は大して関係ない。

 

大切なことは、”平和を願う心” つまり、”優しさ” だと気が付きました。

 

 

誰かのおかげで、工藤はここにいる

色んな人と話して、気が付いたことは、当たり前だけど

「色んな人がいる」

ってことです。

 

みんなが違う言葉を使って、違う価値観に基づいて、色んな考えを持ってや色んな行動をとっていました。

 

ある人は「実現したい世界の為に今はこうする。」と言い

ある人は「理由はない。楽しいからやってる。」と言う。

 

ここから気が付いたことは、人は影響し合って生きている ということ。

 

 

工藤がこのブログに綴る言葉も、

誰かと接するときの表情や態度も、

ヴィーガンを選択したことも、

目指している世界や、その使命感も、

全て、誰かからもらったものだということ。

 


(こんなん)

例えば、工藤の祖母が母に「いただきます」と言う教育をしたから、母もそういう教育をして、

きっと、工藤もこどもにそういう教育をすることになると思います。

 

“母さんはいつも僕の傍にいました。
ピアノのタッチも、指の運びも、ペダルをキュッと踏む癖も。
味の好みも、食べる順番も。
僕のちょっと仕草に母さんがいる。
僕らは、僕と母さんはつながっている。”

四月は君の嘘 有馬公正

と、『四月は君の嘘』で、公正も話しています。

 

こうやって、色んな人から、言葉や考え、価値観をもらってきました。

きっと氷河期のマンモスでさえ、今の工藤を構成する一部になっている。

 

 

誰かのおかげで、
工藤はここにいる。

 

そう確信しました。

 

そして、工藤もまた誰かに影響を与えながら生きています。

 

では、どれほどの、どういった影響を与えるか?

 

そもそも、100年程度の人生で影響を与え合い、未来へ継承していくことに意味はあるのか?

 

その先に何があるのだろうか。

 

火の意志を継承する

考えた結果、他者の悲しみを知り幸せを願う心、”優しさ” を未来へ継承していくことが大切だと気が付きました。

慈悲や愛とも呼ばれるかもしれませんが、その辺はザックリ”優しさ”と呼びます笑

 

それまで行動と、それによる影響量にばかり目がいっていたけど、一気に視点が変わりました。

 

これがパラダイムシフトかと。

 

 

行動や影響の大小はその人の置かれた環境や立場、能力によって変わってきます。

工藤には、ホームレスの人に何かするとなると、『ビッグイシュー』を買うことしか出来ないが、お金持ちは家を買い与えることが出来るだろう。
(やろうと思えば)

 

大事なのは、多くの人と優しさを共有し、未来へ継承し、不条理を覆す方向へ多くの人が進んで行くことだと思います。

 

それがわかってから、すごく生き方がシンプルになりました。

 

目の前の辛い思いをしている人に、手を差し伸べる。

それだけでいいんですよね。

 

それが、優しさを継承することになる。

 

 

自分の心に優しさをもって人に接することで、また次の優しさに繋がる。

 

 

お金だと、1000円持っていて、800円分を誰かに渡してしまうと所持金は200円になってしまうけれど、

優しさは減らないんですよね、無限に広がっていく。

 

花火を考えてもらうとわかりやすいかもしれないです。

 

自分の花火で、人の花火に火をつけても、自分の花火は減らないですよね。

そうやって優しさという、他者の幸せを願う平和の意志を広げ、継承していくことが大切なんだと思います。

 

って考えていると、ある漫画を思い出しました。

 

 

そう、ナルトです。

 

初代柱間から脈々と受け継がれた、平和への意志、それが火の意志です。

 

その意志は代々、火影へ注がれ、里の人々が持つ最低限の価値観ともなっていたのではないかと思います。

 

その火の意志が、イルカ先生やカカシ先生、自来也先生など、多くの人から主人公であるナルトへも継承されています。

 

 

“木の葉の火の意志は受けつがれ!そして育っている!
ナルトは今 自来也をこえようとしている!!”

綱手

 

そしてナルトは、木の葉隠れの里だけではなく、他国の敵である我愛羅へも、その意志を持って接します。

 

そして、火の意志は我愛羅の中で燃え、砂隠れの里の忍びたちにまで広がりました。

 

“彼はオレを救った!!
敵同士だったが彼は同じ人注力だった
同じ痛みを理解し合ったもの同士わだかまりはない!
今ここに敵はいない!”

我愛羅

 

遂にナルトは戦いを繰り返していた五大国を 平和 へと導きました。

 

でも、ナルトは実は出来ることをしただけなんです。

生まれた時から、九尾持っていたっていうのも大きい。

 

もちろん、そのせいで辛い思いもしたし、凄まじい努力を繰り返してきたことは間違いないです。

 

 

でも、五大国を平和に導くことはナルト一人ではできなかった。

 

例えば、イルカ先生がいなければ大きい手裏剣でナルトは死んでいたし、そうでなくても孤独で性格が歪んでいたことでしょう。

 

イルカ先生なくして平和はなかったとも言える。

 

 

もっと言えば、一楽のラーメン屋のおっちゃんもです。

子供の頃のナルトが里の人々から忌み嫌われていたにもかかわらず、気さくに接して快くラーメンを振る舞ってあげていたおっちゃんが居なければ、きっとナルトはグレていたことでしょう。

つまり、ラーメン屋のおっちゃんがいなければ、平和がなかったとも言える。

 

心に灯した火の意志は、脈々と継承されてい来ます。

 

 

実は、同じようなことをイエス・キリストも言っていて

 

“わたしが来たのは、地上に火を投ずるためである。”

ルカによる福音書1249

 

圧倒的工藤的解釈によると、キリストは火の意志、つまり優しさを広げるために来たのではないかと思う。
(信仰は出来ていない)

 

出来ることをすればいい

何が言いたいかというと、心に優しさを持って生きればいいと思うんです。

 

その上で「出来ることをする」ってことが大切。

 

出来ないことは出来ないし、そのせいで気が沈んだり悲観的になって、自分の出来ることすらしないようになっては勿体無い。
(出来るようになる努力は大切だけど)

 

火の意志を持っていれば、ラーメン屋のおっちゃんでも世界を平和にすることに貢献できたんです。

 

 

かの有名なマザー・テレサも言っていたらしい。

「世界平和のために私たちはどんなことをしたらいいですか?」

という質問に対して、

 

“家に帰って、家族を大切にしてあげてください”

マザー・テレサ

 

と答えています。

 

 

優しさを持って、家族と接することが、火の意志を継承した先にある世界平和への第一歩だということではないでしょうか。

 

まとめ

なんだかゴチャゴチャ書いてしまいました。

まとめると

生きる意味は、20年くらいの人生で受け取って来た優しさを持って他者と接し、その人たちへその優しさを伝えていくこと。

 

その先に、ナルトのようなポテンシャルが高いやつが世界を平和にするだろうと思っています。

 

自分がナルトになれたらいいんですけどね笑

 

 

イルカ先生くらいになりたいなぁと思ったりしています。

 

これからも自分に出来ることを精一杯やっていきます。

 

まだちゃんと言葉にできていないことばかりなので、詳しくは直接聞いてもらえたらありがたいです笑

 

では。

    工藤のブログ