【関空のベジタリアン・ヴィーガンのお店】関西国際空港でビーガン対応のお店を探し歩いたお話

飲食店

こんばんは。東京行きの飛行機の中の工藤(@itllbedark)です。

なぜか自分の列に誰もいません、、。

暇すぎて遊ぶ図

夕方に関西国際空港に到着し、初めてのEチケットに緊張しながらも無事にキャリーバックを預けて、渡航準備は万全でした。

大切な話はここから。

1000円の食事券をいただいたのです。

JAL(JapanAirLines)さんの粋な計らいです。

ありがとうございます。

さて、Veganである工藤は関西国際空港で何が食べられるのか、飲食店を探し歩きました。
その努力の全てを曝け出します。どうぞ。

-Vegan-  

動物を食べることを避け、ベジタリアンのように肉類・魚介類だけでなく、卵・乳製品などの動物由来の食品の摂取も避ける人。場合によっては、動物を利用した製品(皮革製品など)の使用も避ける。

 

関西国際空港にあるお店

まずレストランがたくさんある3階に登ります。

最初に目に入ったのは、ぼてぢゅうなる関西感溢れるお店。

きっと食べられないと思い、次へ

 

鎌倉パスタを発見。

これは行けるのではないかと、店員さんに原材料表を見せてもらうと、パスタには卵が入ってるっぽい。

次へ!

 

そじ坊

経験的に、そば系は汁がダメだと判断しました。

次!

 

とんかつKYK

はい次!

 

なるほど、サンマルクカフェ

他にお店がなければここでコーヒーでも飲もうと思いつつ素通り。

保険が出来てホッとしながら次のお店へ

 

続いて、がんこ寿司。

一年以上寿司屋には行っていない工藤、ここも素通りしようとします。

 

おっと、しかしよく見ると。。

我らがいなり寿司です。

真っ暗な暗闇の中に、パッとが刺したように感じました。

早速お店へ入って注文。

なす、いなり、かっぱ、梅しそ。

お値段もリーズナブル。なすは50円、それ以外は100円くらいでした。

希望はそこにずっとあったのです。ただ見ていなかっただけで。

 

更に冷奴。

美味しい。濃厚さを感じました。

ごちそうさまでした。

旅行客の多くが訪れる関西空港にもっとベジタリアンやヴィーガンの人への対応が進むことが楽しみですね。

では、おやすみなさい。

    飲食店